たけのこが苦い、えぐい!あく抜きに失敗する原因は?

旬の季節に食べるたけのこは美味しいけれど、あく抜きが大変ですよね。手間ひまかけてあく抜きしたのにえぐみが残ってしまってがっかり…という経験はありませんか?たけのこのあく抜きで失敗する原因を調べてみました。

目次

たけのこのあくの成分

たけのこのえぐみの正体はあく。あくとは食材のえぐみやにがみ、しぶみなどの原因になる成分のことです。これがわずかに残って入れば「ほろ苦さ」といった独特の味わいになるのですが、少しでも多いと「えぐみ」と感じて、食べにくくなります。ちなみに、たけのこや山菜などの植物があくが強い理由は、昆虫や動物に食べられないようにするための植物の戦略ともいわれています。

ではそもそも、あくの成分とはいったい何なのでしょうか?

シュウ酸

たけのこのあくの成分の代表的な一つはシュウ酸です。シュウ酸といえば、ほうれん草などにも含まれている、結石の原因になる物質として、知っている人は知っているかもしれませんね。

シュウ酸が唾液中のカルシウムと結合してシュウ酸カルシウムに変化すると、針のようにトゲトゲした結晶になります。実はこのトゲトゲが口の中に残ることがえぐみの原因。えぐみというのは、口の中に異物が入ってしまった感覚といっていいのかもしれません。

シュウ酸は水に溶けやすい性質があり、またカルシウムと結合することで不溶性のシュウ酸カルシウムに変わり、えぐみが感じにくくなります。

ホモゲンチジン酸

たけのこのもう一つのあくの成分はホモゲンチジン酸。たけのこに含まれるアミノ酸の一種であるチロシンが酵素によってホモゲンチジン酸に変化しえぐみの原因になります。ホモゲンチジン酸は時間が経つにつれて増えていくので、たけのこを加熱して酵素の働きをとめる必要があります。つまりチロシンがホモゲンチジン酸に変化しないようにすれば、あくが増えるのをとめることができます。

実はこのチロシンを私たちはよく目にしています。スーパーで売っているたけのこの水煮についている白い粒々、あれはチロシンが結晶化したもの。食べても大丈夫です。チロシンには脳を活性化させて、やる気や集中力を高める効果があるといわれているので、触感が気にならなければチロシンごと調理してくださいね。

たけのこのあく抜きに失敗する原因

たけのこを収穫してから時間がたっていた

「平日にたけのこを買って時間ができたらあく抜きしようと週末まで放置した」「親戚からたけのこをもらったけれど、あく抜きの方法がわからずに悩んでいたら時間がたってしまった」など、あく抜きするまでに時間をかけてしまっていませんか?

たけのこのあくの成分であるシュウ酸とホモゲンチジン酸は、たけのこが光にあたったり、傷ついたりすると生成がはじまります。たけのこは土から掘り出された瞬間からあくの成分を生成しはじめ、時間が経つにつれて増えていきます。ホモゲンチジン酸はその日のうちに2倍に増えるといわれています。つまりたけのこのあく抜きは時間との勝負。たけのこを手に入れてら、一刻も早くあく抜きをしてくださいね。

ちなみに土の中のたけのこにはあくの成分がほとんどないので、掘りたてのたけのこはお刺身にして食べられます。シャキシャキとした歯ごたえと、鼻に抜けるたけのこ独特の甘い風味がなんともいえない美味しさです。

たけのこにしっかり火が通っていなかった

たけのこのあくの成分の一つであるホモゲンチジン酸に変化するチロシンは、加熱することによってその働きをとめます。つまりあくの成分の生成をストップするためには、たけのこの内部までしっかり火を通す必要があります。たけのこの根もとの部分に竹串を刺してすっと入るくらいまで茹でてくださいね。

また茹でることによって、たけのこが柔らかくなり、あくの成分がたけのこの細胞から抜けやすくなります。ちなみに茹でるときはたけのこになるべく均一に熱が通るように水から茹でてください。

たけのこをゆで汁に浸けておく時間が短かった

水に溶けやすい性質のあるシュウ酸。たけのこを茹でた後、ゆで汁に長い時間放置しておくのは、たけのこをゆで汁にさらしているあいだにシュウ酸が抜けやすくなるからです。ゆで汁にさらす時間が足りないと、あく抜きが失敗する原因になります。

大根おろしであく抜きをする方法

たけのこのあく抜きといえば、米のとぎ汁や米ぬかを使う方法と重曹を使う方法が一般的ですが、実は大根おろしを使う方法もあります。

大根を皮ごとすりおろしてザルなどでこし、おろし汁だけを使います。残った大根は大根おろしとして食べてくださいね。おろし汁に同量の水を加え、全体の約1%の塩を加えます。その中に皮をむいて調理しやすい大きさに切ったたけのこを入れます。1時間ほど浸けたら、たけのこを取り出して水でよく洗います。あくが抜けていなかったら、さらに1時間ほどつけておきましょう。あくが抜けたらすぐに調理に使えますが、たけのこに火を通していないので必ず加熱調理してください。また大根のにおいが気になる場合は流水で長めに洗いましょう。

一晩かかるたけのこのあく抜きが1~2時間でできるなんて、びっくりですよね。「ゆっくりあく抜きしている時間がない!」というときは、ぜひ試してみてください。

あく抜きをやり直す方法

あく抜きをしたはずなのに、まだえぐみが残っている…。たけのこによっては、もともとえぐみが強いものもあるので、上手くいかなかったとしても落ち込まないでください。あく抜きをやり直せばいいだけです。

いちばん簡単なのはたけのこを水にさらしておく方法です。たけのこが全部ひたるくらいの水に一日程度浸しておけばOK。途中で何度か水を替えてくださいね。米のとぎ汁や米ぬか、重曹は必要ありません。

水にさらしてもあくが抜けないときは、面倒ですがもう一度あく抜きの工程を繰り返しましょう。その際は「たけのこの内部までしっかり火を通す」「ゆで汁にさらす時間を長くする」に注意してくださいね。

たけのこは水に長時間さらしても茹ですぎても、柔らかくならず歯ごたえは変わりませんが、たけのこが本来持つ風味が損なわれていきます。また重曹で再びあく抜きする場合は、たけのこが茶色くなりやすいので、重曹は入れすぎないようにしましょう。

たけのこのえぐみを感じにくい調理法

どうやっても、たけのこのあくが取りきれなかったときは、どうすればいいのでしょうか?せっかく手間ひまかけてあく抜きしたのだから、なるべく美味しく食べたいですよね。でもたけのこご飯や若竹煮にするにはこのえぐみはちょっと厳しい…。

油を使った調理法

そんなときは天ぷらにすれば油のコクがたけのこのえぐみを感じにくくしてくれて美味しく食べられます。ほろ苦い山菜も天ぷらにすれば美味しいですよね。天ぷらの衣と油には、えぐみやほろ苦さといった癖のある味を包み込んでくれる懐の広さがあります。

中華料理にするのもおすすめです。たけのこを薄切りにしたり細かく刻んだりして油でしっかり炒めて、豆板醬やオイスターソースなど主張の強い調味料と合わせると、えぐみが気にならなくなるでしょう。

調理してからえぐみに気づいたときは?

調理の途中でえぐみが残っているのに気づいてしまったときはどうすればいいでしょう?もしも煮物であれば、たけのこだけ取りだし、ショウガを足してさらに濃いめに味をつけます。それに片栗粉をまぶして竜田揚げにすれば、えぐみが気にならなくなります。天ぷらとはひと味ちがうたけのこの揚げ物。あくが抜けたたけのこを使っても美味しいです。

まとめ

たけのこのあく抜きは手間がかかるわりに失敗することが多いので「やってみたけど失敗して懲りた」という人も多いのではないでしょうか?でも、失敗してもやり直しがきくとわかれば、気がらくになりませんか?

あく抜きの工程も、手間がかかるように思えますが、実は放置している時間が長いだけだったりもします。また大根おろしを使ったあく抜きの方法なら、忙しい人でもチャレンジできそうですね。たとえあくが残ってしまっても、調理の仕方次第で美味しく食べられます。失敗をおそれずにぜひチャレンジして、旬のたけのこの美味しさをぜひ味わってくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる